服装 - 葬儀フィールド

葬儀に参加する時に押さえておきたいポイント

歳を取れば取るほど結婚よりも葬儀に参加する回数が増えるということがよく言われますが、今では若者も葬儀に参加する回数が増えています。なぜならば、高齢化率が高まってきているからです。また、日本の冠婚葬祭のマナーは世界の他の国に比べて、厳しいと言われています。

特に服装に関してはぱっと見た目でわかる為、絶対に押さえた方がよいでしょう。男性は、ダークスーツを着用し、シャツは白、靴も黒が無難です。女性は紺やグレーなど地味な色のスーツやワンピースを着用するのが無難です。

男性も女性も、とにかく大事なのは、地味で目立たない服装で参加するということです。喪に服すという日本の伝統的な考え方からです。初めて葬儀に参加するタイミングなどで、葬式用の服、すなわち喪服を買ってしまうのが良いでしょう。

一生き続ける服ですから、早い段階で購入しても損はしません。

葬儀の喪主になった時のレンタル喪服

大事な家族、特に一家の大黒柱であるご主人がお亡くなりになった際には、奥様が喪主を務められることになります。愛するご主人が亡くなった悲しみにくれる間もなく、すぐに喪主としての役割として、ご葬儀について考えなければなりません。

よく、お葬式の準備が大変なのは、遺族の悲しみをまぎらわせる為とも言われていますね。その通り、お葬式ではやらなければならないこと、決めなければならないことが山のようにあり、悲しんでいる暇もないほどです。喪主が着る服装は和装の喪服が通例ですが、現代ではなかなか喪服を予めご用意されている方も少なくなりました。

そこで、レンタル喪服というサービスが存在しています。葬儀社からの手配でもレンタルすることができますが、最近ではインターネットで即日宅配をしてくれる業者もありますので、葬儀社の手を借りないお葬式スタイルにされる方には便利です。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

● 参考情報
葬儀に必見 ! お葬式の知識と総額費用【葬儀のミカタ】
shukatsu-mikata.jp/sougi
ホームページはこちら


葬儀フィールド オフィシャルサイト Copyright(C)www.sogifield.org All Rights Reserved.